永久脱毛,医療レーザー脱毛

永久脱毛の歴史について

永久脱毛の方法というと、最近ではレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などが主となってきました。しかし、永久脱毛が生まれた1875年からは、電気分解法という方法が用いられていたのです。毛を発生させる組織に対して電流を流すことにより、組織を破壊して毛が発生しないようにするという方法が始まりでした。 その後、高周波式の電気脱毛法が生まれ、X線を利用した方法なども考案されましたが、その反面、副作用が生じるというデメリットもあったのです。例えば、傷が出来てしまう可能性がある、シミやしわが発生するということがあったため、何度も永久脱毛の施術方法が見直されてきたのです。 高周波法脱毛器が開発されてからは、脱毛に掛かる時間が非常に短縮され、利用されやすくなったと言えます。その後、1983年からレーザー脱毛が導入され、黒や茶色の部分に対してのみレーザーの光をあてることができたため、リスクが少なくなったのです。 そして、1998年からは、毛母細胞に対して働きかける波長の光を利用した、光脱毛が開発されました。光を利用することにより、より痛みも少なく、短時間で施術することが可能となったのです。このように、長い時間を掛けて、永久脱毛は今の形へと進化してきたのです。