永久脱毛,医療レーザー脱毛

永久脱毛の仕組みについて

永久脱毛の仕組みは、どのようになっているのでしょうか。毛は、毛母細胞や毛乳頭という部分が発毛に関係していますが、こういった部分を破壊することにより、毛が二度と生えてこないようにするというのが、永久脱毛の仕組みです。 組織自体を壊すことにより、その組織が機能しないようになるのです。壊すためにはいくつかの方法があり、レーザー脱毛や針脱毛、光脱毛などがありますが、それぞれにメリット、デメリットがあり、痛みも異なります。どの程度で毛が生えなくなるのかということについても、脱毛の種類によって違いがありますので、きちんと確認しましょう。 永久脱毛では、成長期にある毛に対してのみ施術を行います。毛周期というものがあり、成長期以外にも、休止期や退行期という時期がありますが、そういったものについては施術することができません。毛サイクルに合わせて、何度か施術をする必要があります。 毛というのは目に見えるものだけでなく、皮膚の中に埋まっているものもあります。毛周期については個人差がありますが、少なくとも一度で施術が終わるわけではありません。永久脱毛はこのような仕組みになっていますので、施術を受ける前には、きちんと説明を聞いた上で施術に臨むようにしましょう。